<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

観光2日目は、フリータイムでした。
午前は、ホテルの周りの散策と午後から「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われる「ベン・メリア」に行きました。


カンボジアのアンコールワット観光は、シェムリアップが起点となります。
シェムリアップのホテルの近くにカンボジアのお寺と歩いて10分位でオールドマーケットが有り、クメール人の生活を知る事が出来ます。

ホテルの近くのお寺です。
a0325492_08182678.jpg


日本のお寺と雰囲気が違います
a0325492_08182723.jpg


a0325492_08182775.jpg


a0325492_08182728.jpg


このにも、ナーガ(蛇神)がいます。
a0325492_08182790.jpg


くたびれたバイクに荷台が付けられて
a0325492_08182786.jpg


オールドマーケットの野菜を売るおばあちゃん
a0325492_08182891.jpg


豚肉売り場、ここで解体されます
a0325492_08182807.jpg


魚売場、魚も当然解体されて売られます。
a0325492_08182832.jpg


私がアンコール博物館まで乗った「トゥクトゥク」
ホテルから博物館の往復と、博物館での鑑賞時間1時間20分くらいの待ち時間を含めての3ドルでした。
a0325492_08182838.jpg


マーケットでカンボジアシルクを扱っている店頭の糸
a0325492_08182850.jpg



ここから、アンコールワットの秘境の一つの「ベン・メリア」です。
「ベン・メリア」は、まだ手つかずの遺跡で、崩れたままの姿見る事が出来るところです。
南東隅塔は、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとか・・・

建築様式は、同じなので蛇神のナーガが迎えてくれます。
a0325492_08182899.jpg


崩れた遺跡。たぶんアンコールワット其の物をこんな所から復元されたのであろう。
その苦労が分かるように思う
a0325492_08182882.jpg


その多くが、ガジュマルの木の根が遺跡の崩壊を加速する。
a0325492_08182894.jpg


ガジュマルの根でまがった第一回廊。崩れるのを待つだけです。
a0325492_08182962.jpg


a0325492_08182999.jpg


崩れた、入口に作られたであろうレリーフ
a0325492_08182911.jpg



a0325492_08182915.jpg


遺跡の周りを自由自在に登ったり降りたり。なぜかいきなり日本語で「飴美味しい」とねだってきます。
a0325492_08182942.jpg


a0325492_08182957.jpg


まだ、綺麗に残っている所も有ります。たぶん入口に施されたものだと思います。
a0325492_08183029.jpg


これが、「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われる「南東隅塔」
a0325492_08183070.jpg

[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-27 17:49 | シェムリアップ | Comments(2)
カンボジア、アンコールワット観光1日目の午後いよいよアンコールワットの見学です。
アンコールワットは、なぜ午後からの見学かと言うと理由が有って、アンコールワットの入り口は、西向きだからです。
午前中だと、逆光になり写真が上手く撮りづらいからです。

長い参道の両脇は、ナーガ(蛇神)が迎えてくれます。
a0325492_08183031.jpg


西塔門をくぐります。
a0325492_08183092.jpg


a0325492_08183087.jpg


広さが少しは伝わりますか?!
a0325492_08183078.jpg


北側の聖池からアンコールワットを望む
a0325492_08183024.jpg


アンコールワットのレリーフを見学します
此処も、「乳海撹拌」の絵物語が、表されています。
a0325492_08183156.jpg


a0325492_08183101.jpg


a0325492_08183104.jpg


a0325492_08183181.jpg


a0325492_08183149.jpg


a0325492_08183155.jpg


天井と同じ模様が描かれています。
a0325492_08183177.jpg

アンコールワットの天井は、木製で有った為今では現存していないそうです。(一部レプリカが見る事が出来ます)

その昔、日本人の名前の記載が残っている墨書
a0325492_08183182.jpg


第二回廊から、第三回廊を望む
a0325492_08183238.jpg


a0325492_08183242.jpg


a0325492_08183228.jpg


a0325492_08183293.jpg


a0325492_08183203.jpg


第二回廊からの第一回廊
a0325492_08183246.jpg


窓飾り、これも耳朶により形が違っていきます。
a0325492_08183299.jpg


デバダー(女官)像と花のレリーフも綺麗です。
a0325492_08183394.jpg


ここまでが、アンコールワットの画像となります。

夕日は、プレループに行っての夕日の鑑賞をします。
a0325492_08183314.jpg


大きな木に沈みゆく夕日がいかにも、カンボジアの夕日と言う雰囲気
a0325492_08183384.jpg


a0325492_08183381.jpg


アンコールワットの中身は、調べれば調べるほど奥が深く見落としたところも有る様なので、詳しく回りたいと思います。
次回行くときは、ゆっくりとアンコールワット博物館に先に行き、もう一度歴史と芸術を再認識したうえで回りたい所です。

1200年当初にこんな建築が作られたことが驚異です。
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-27 16:25 | アンコールワット | Comments(0)
この度、勤続20年と言うことで5日の特別休暇が取得できると言う事で、アンコールワットの遺跡巡りをしてきました。

午前中、アンコール・ワットではなく、アンコール・トムと言う巨大遺跡を見る。
ここは、象のテラスとライ王のテラスまで含めて作られている。
アンコール・トムの遺跡のテラスは、ナーガ(蛇神)を引っ張る右に神々と左に阿修羅像が迎えられ入場していく
a0325492_08183372.jpg


a0325492_08183343.jpg


南大門のハスの花を絡めて遊ぶ三頭の象
a0325492_08183445.jpg


次にバイヨン寺院の見学が始まる。
横には、日本が修復した経堂
a0325492_08183444.jpg


バイヨン寺院は、四面仏、観世音菩薩の塔が特徴でその二つ回廊には、精密な壁画が施される
四面仏
a0325492_08183478.jpg


a0325492_08183497.jpg


a0325492_08183484.jpg


a0325492_08183439.jpg


a0325492_08183414.jpg


第一回廊の壁画は、天国・現世・地獄を表しチャンパ軍との戦いや生活模様が描かれている。
第二回廊は、「乳海撹拌」を中心に、神話が描かれています。

a0325492_08183580.jpg


a0325492_08183556.jpg


a0325492_08183514.jpg


デバダー(女官)のレリーフも非常に綺麗
a0325492_08183568.jpg


遺跡の入り口のレリーフ
a0325492_08183584.jpg


次は、アンコールトムの中のパプーオン
a0325492_08183560.jpg


a0325492_08183572.jpg


ピミアナカス寺院、ピラミッド型造形が特徴
一部残る、オリジナルの回廊
a0325492_08183505.jpg


a0325492_08183583.jpg


象のテラスと王のテラス
像のテラスの上から・・・いかにも王様が立ったと思われる景色
a0325492_08183681.jpg


象のテラスは、象に乗った象使いの姿が見られる。
a0325492_08183667.jpg


a0325492_08183691.jpg


ハスの花を絡めて遊ぶ三頭の象
a0325492_08183663.jpg


内部の5つの頭を持つ馬の像
a0325492_08183639.jpg


王のテラスの側面には神々と阿修羅が一緒に描かれている。
a0325492_08183609.jpg


行くまでは、勉強が十分できなくてぶっつけ本番みたいに現地人のガイドの説明を聞いて写真を撮影していましたが、帰ってきてから、調べながら整理すると、もう一回行きたくなります。

観光一日目の午前だけでこれだけのボリューム。

中身が濃かったです。
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-27 15:27 | アンコールワット | Comments(2)
1月21日から25日まで、勤続の特別休暇でアンコールワットを見に行ってきました。
アンコールワットは、カンボジアのシェムりアップにあり、小さいながらも空港があり、私は関空からホーチミン経由でシェムリアップに入りました。

21日は、移動だけで丸一日掛かり、ホテルに着いたときは、真っ暗。(ホーチミンで6時間弱のトランジット)
空港からホテルへ行く時は、「スラム街?」を思う通りを通過して、外に出るのを諦めました。

ホテルは、「アンコールリビエラホテル(Angkor Riviera Hotel)」
明るい間に周辺の道を歩いてどの道を歩くことが出来るかを調べてないと夜は危ないかもしれません。
ここで、街中を少し紹介します。

歩いて、5分程度のオールドマーケット付近
a0325492_08183739.jpg


こんなトラックも
a0325492_08183730.jpg


信号の無いホテル横の交差点、白い車の前の単車に注目
a0325492_08183798.jpg


連写ではなく続けてシャッターを押して程度、ゆっくりとしたスピードで進む単車と車
a0325492_08183741.jpg


良く事故が起きないもんだと思います。余りスピードを出していないので事故が起きないのだと思います。
a0325492_08183791.jpg


お店の軒先で遊ぶ子供たち
a0325492_08183799.jpg


物価は安くて、スープヌードルとコカコーラで2$
a0325492_08183724.jpg


安いスープヌードルを食べてから、なんかお腹の具合が・・・

シェムリアップの町は、日本の様に安心して道路も横断できません。
常に気を付けて歩いて下さい。
特に道路の横断と交差点の近くは要注意です。
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-26 12:58 | アンコールワット | Comments(2)

昆陽池で撮影会

良く私が見ているブログを書いておられる「スポック艦長」に昆陽池で
鳥の撮影方法の講習会を開いてもいらいました。

まずは、広角で「数うちゃ当たる」作戦
a0325492_08183839.jpg


a0325492_08183875.jpg


a0325492_08183866.jpg


シャッター優先にして流し撮り・・・をしたかったのですが流れてまへん!
a0325492_08183846.jpg


a0325492_08183954.jpg


もうちょっと中央で捕えたかったなぁ
a0325492_08183967.jpg


ユリカモメがカラスに追われて飛び回ってました
a0325492_08183919.jpg


これはいい具合に動きが付きました。
a0325492_08183961.jpg


スポック艦長さん、ご指導いただき有難うございました。
それと一緒に撮影した、うみひこさん、ちょんちさん、お疲れ様でした。

スポック艦長さんのブログ
http://captnspoc.exblog.jp/

うみひこさんのブログ
http://umihikos.exblog.jp/

きょんちさんのぶろぐ
http://kyoncci.exblog.jp/
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-20 23:17 | 野鳥 | Comments(4)

なばなの里

昨年末、キヤノンで行われた「イルミネーションの撮影方法」と言う講演を聞いて
さて、実践と思っていったのですが思い通りにいきません。

とりあえず、前ボケが作れるようにと思ったのですが・・・
a0325492_08183939.jpg


a0325492_08183950.jpg


a0325492_08184011.jpg


相当な人出でゆっくりと撮影所ではなく
a0325492_08184037.jpg


a0325492_08184039.jpg


a0325492_08184091.jpg


a0325492_08184010.jpg


a0325492_08184043.jpg


撮影をしてみて、良いレンズが欲しくなる撮影でした。
(またまた、道具に頼ろうとしている自分です)

なばなの里
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-20 09:49 | イルミネーション | Comments(0)
外をみて、営業中
a0325492_08184081.jpg


メンバーの中で一番人懐っこい、わらび
a0325492_08184135.jpg


油断すると猫パンチを食らいます
a0325492_08184106.jpg


この顔がたまりません
a0325492_08184129.jpg


マナちゃん、そこそこなじんでくれます
a0325492_08184198.jpg


いやされます~~
a0325492_08184189.jpg


実は、今回買ったシグマ 30㎜ f1..4 EX DC HSM のテストで行ったのですが、実際f1.4は使いにくくこのレンズは、最短殺意画距離が40cmと少々長め。その為寄れそうで寄れない状態でした。f
本当は、f2.8位まで絞って撮影するのが普通だと思うのですが、買ったばかりで嬉しくてf1.4で撮影したくて、撮影するとピンボケの大量生産になります。

同時に持って行った、17-55㎜ f2.8 IS USM の方がやっぱり撮影しやすい。最短撮影距離や合焦の速さはやっぱりCANON製のレンズが上です。

次回は80㎜を持って行って様子を見たいと思います。

今回お邪魔した猫カフェは、「猫café calm」
http://calm222.blog134.fc2.com/
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-14 21:15 | 30㎜ f1.4 EX DC HSM | Comments(0)

テーブルフォト

2013年1月11日は、長谷川恵美さんのライブがミスターケリーズであったので、長谷川さんにお願いして撮影させて頂いた。

a0325492_08184261.jpg


ノリノリの長谷川恵美さん
a0325492_08184230.jpg


さて、本題のテーブルフォトですが、出番は先日購入したシグマ 30㎜ EX DC HSM です。

ケリーズ特製牛フィレカツサンドとサラダ
a0325492_08184244.jpg


イタリア産生ハムとメロンのランデブー
a0325492_08184295.jpg


スモークサーモン・ケッパー風味
a0325492_08184246.jpg


開放で撮影しています。
それなりに、雰囲気は出ている様に思います。

サラダ単体を撮影した時は、少し前ピンだったのですがサーモンは思ったところにピントが来ている様に思います。

実際のカツサンドは、暖かくてお肉はレアで温かいと非常に美味しい。
サーモンもオニオンを巻いて食べるとオニオンは辛みを抜いてあるのでこれまたサーモンの甘みとオニオンの香りで非常にマッチして美味しい。

生ハムとメロンのランデブーは、メロンも十分熟れていて程よい塩加減の生ハム。デザートでは無くおつまみに昇華していました。

美味しそうに見えますか?
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-12 23:33 | テーブルフォト | Comments(0)
奈良に有るライブハウス、オーシャン・ブールバードの新年会に行ってまいりました。

a0325492_08184273.jpg


やっぱり、ピアニストの指先は綺麗ですね。
手前のマイクスタンドが邪魔です(>_<)
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-07 22:39 | ライブ | Comments(2)
お陰様で、ビッグローブからこのブログも7周年になるとのメールが届きました。
当時は、仕事の関連も有ってPCのハードの話やOSのwindowsの話などが中心で、今のメインの写真はどちらかと言うと「刺身のつま」程度でした。

ブログのアクセス履歴を見ると、やっぱり定期的に更新出来る様に頑張ります。
こんとも宜しくお願いします。

---------以下、ビッグローブからのメールの抜粋です。


この7年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・

36845 件 になります。


過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから
新たな気づきが生まれたりするものです。

最初に書いた記事は "NTT西日本の光プレミアム" でしたね
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/200601/article_1.html
2年目は "VISTAのアップグレードってどういう事?" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/200702/article_1.html
3年目は "雪景色" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/200802/article_1.html
4年目は "NEC ノートパソコン LaVie J750MH" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/200903/article_1.html
5年目は "10日えびす" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201001/article_1.html
6年目は "WiMAX 端末 WM3500R" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201102/article_1.html
7年目は "ルーター交換しました" でした
  http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201201/article_2.html
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-04 20:57 | ブログ | Comments(2)

2010年9月からEOS 7Dを購入して、写真が趣味になっています。最近EOS 7DMK2も購入しました。


by yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31