カテゴリ:シェムリアップ( 2 )

PVC(ページビューカウント)を見ていると結構アンコールワットのキーワードのアクセスが多い。
そこで、再度アンコールワットのまとめサイトを作る事にしました。

そして、ブログで紹介していない写真をアップします。

旅程5日間(2013年1月21日~25日)もろに乾季です。

一日目:関空からホーチミン経由でシェムリアップへ
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201301/article_10.html
航空会社はベトナム航空、日本航空と提携しています。
a0325492_08171201.jpg

機内食は充実していました。
a0325492_08171293.jpg

ホーチミン空港内で食べたフォー
a0325492_08171296.jpg


二日目:アンコールトムからアンコールワット、プレループで夕日鑑賞(朝、昼、夕食付)
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201301/article_11.html
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201301/article_12.html

三日目:午前中は、街歩きと博物館見物(自分で手配)、午後からベンメリア見学(朝食付)
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201301/article_13.html

四日目:アンコールワット日の出鑑賞、東メボン、バンテアイ・スレイ、カンボジア伝統工芸(朝、昼食付)
     夕方、シェムリアップ空港へ
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201302/article_1.html
五日目:早朝、関空到着。7:15に通関も終了して外へ出る事が出来ました。

番外編でシェムリアップの街中とオールドマーケット
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201301/article_10.html
写真でも分かるように、交差点には信号は在りません。
道路を歩くときは、気を付けて下さい。
夜間は、街灯はお店が集まっている道路にしか有りません。
普通の道には街灯が無く日本では考えられない位暗いです。

アンコールワットに出かける時に、困ったのは何を持っていったらよいのかわかりませんでした。
私は、今回一人旅でしたが、海外旅行は会社で連れて行った貰ったハワイ以来十年以上も前に行ったきりでした。
英語は堪能ではありません。文章は喋れません。喋る事が出来るのは単語だけ(笑)
でも、どうにかなりました。
今は、インターネットで色々と調べる事が出来て助かりました。

そこで、私なりにまとめたサイトがこれです。
http://yoshi-tanaka.at.webry.info/201302/article_8.html

これからカンボジアに行かれる人のすこしでも参考にして頂ければ嬉しく思います。
[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-09-22 10:26 | シェムリアップ | Comments(2)
観光2日目は、フリータイムでした。
午前は、ホテルの周りの散策と午後から「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われる「ベン・メリア」に行きました。


カンボジアのアンコールワット観光は、シェムリアップが起点となります。
シェムリアップのホテルの近くにカンボジアのお寺と歩いて10分位でオールドマーケットが有り、クメール人の生活を知る事が出来ます。

ホテルの近くのお寺です。
a0325492_08182678.jpg


日本のお寺と雰囲気が違います
a0325492_08182723.jpg


a0325492_08182775.jpg


a0325492_08182728.jpg


このにも、ナーガ(蛇神)がいます。
a0325492_08182790.jpg


くたびれたバイクに荷台が付けられて
a0325492_08182786.jpg


オールドマーケットの野菜を売るおばあちゃん
a0325492_08182891.jpg


豚肉売り場、ここで解体されます
a0325492_08182807.jpg


魚売場、魚も当然解体されて売られます。
a0325492_08182832.jpg


私がアンコール博物館まで乗った「トゥクトゥク」
ホテルから博物館の往復と、博物館での鑑賞時間1時間20分くらいの待ち時間を含めての3ドルでした。
a0325492_08182838.jpg


マーケットでカンボジアシルクを扱っている店頭の糸
a0325492_08182850.jpg



ここから、アンコールワットの秘境の一つの「ベン・メリア」です。
「ベン・メリア」は、まだ手つかずの遺跡で、崩れたままの姿見る事が出来るところです。
南東隅塔は、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとか・・・

建築様式は、同じなので蛇神のナーガが迎えてくれます。
a0325492_08182899.jpg


崩れた遺跡。たぶんアンコールワット其の物をこんな所から復元されたのであろう。
その苦労が分かるように思う
a0325492_08182882.jpg


その多くが、ガジュマルの木の根が遺跡の崩壊を加速する。
a0325492_08182894.jpg


ガジュマルの根でまがった第一回廊。崩れるのを待つだけです。
a0325492_08182962.jpg


a0325492_08182999.jpg


崩れた、入口に作られたであろうレリーフ
a0325492_08182911.jpg



a0325492_08182915.jpg


遺跡の周りを自由自在に登ったり降りたり。なぜかいきなり日本語で「飴美味しい」とねだってきます。
a0325492_08182942.jpg


a0325492_08182957.jpg


まだ、綺麗に残っている所も有ります。たぶん入口に施されたものだと思います。
a0325492_08183029.jpg


これが、「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われる「南東隅塔」
a0325492_08183070.jpg

[PR]
by yoshi_jp3hih | 2013-01-27 17:49 | シェムリアップ | Comments(2)

2010年9月からEOS 7Dを購入して、写真が趣味になっています。最近EOS 7DMK2も購入しました。


by yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31